trackがサポートする言語と実行環境は以下の通りです。

複数言語対応問題

受験者が複数のプログラミング言語から解答したい言語を選択して回答をするコーディング問題に対応をしている言語です。

  • C/C++ : C/C++ clang 3.4 (based on LLVM 3.4)
  • C# : Mono 5.2.0
  • Java : java 1.8.0_121
  • JavaScript (Node.js)  : node v6.10.1
  • Ruby : ruby 2.3.3p222
  • PHP : php 5.6.30
  • Python : python 2.7.11
  • Python3 : python 3.6.1
  • Go : Go 1.6.3
  • Scala : scala 2.11.7
  • Perl : perl v5.18.2
  • Kotlin : kotlin 1.3.4
  • Swift : swift 5.0.1

言語指定問題

企業様のオリジナル問題を作成する際に、作成可能な実行環境です。

  • C/C++ : C/C++ clang 3.4 (based on LLVM 3.4)
  • C# : Mono 5.2.0
  • Java : java 1.8.0_121
  • JavaScript (Node.js)  : node v6.10.1
  • Ruby : ruby 2.3.3p222
  • PHP : php 5.6.30
  • Python : python 2.7.11
  • Python3 : python 3.6.1
  • Go : Go 1.6.3
  • Scala : scala 2.11.7
  • Perl : perl v5.18.2
  • Groovy : groovy 2.4.5 / JVM: 1.8.0_121
  • Haskell : ghc 7.6.3 ✕
  • Kotlin : kotlin 1.3.4
  • Swift : swift 5.0.1
回答が見つかりましたか?