試験詳細設定の手順

  1. 試験の言語を設定
  2. ゲスト共有機能の設定
  3. メール通知設定
  4. 配信方法設定(ID配信をご利用いただける企業さまのみ表示されます)
  5. URL配信設定
  6. 画面右上の「完了」をクリック

試験の詳細設定では、企業様の試験の配信方法や管理方法に応じた細かな設定をすることができます。

試験の言語

試験の言語とは、受験者に配信するメールのテンプレートの言語を選択します。

ゲスト共有機能

ゲスト共有機能にチェックを入れると、解答詳細ページ、及び出力されるCSVに、試験解答者の個人情報やエントリーフォーム内容等の個人情報以外の、試験の解答詳細情報を閲覧するページのURLを取得することができます。
trackのアカウントを持たない社内のエンジニアの方、面談同席をされる方等に簡単に解答結果をシェアすることが可能です。

▼解答詳細ページに表示されるURL▼

メール通知設定

メール通知設定にチェックを入れると、試験の提出締切の

  • 7日前
  • 3日前
  • 24時間前

に、リマインドのメールが送られます。

▼リマインドされるメールの内容▼

タイトル

【残り1日】testの提出期限が迫っています

本文

先日配信された試験、 {試験名} の提出期限まで【残り 1日】になりました。

以下のURLから受験を完了してください。
{試験URL}

【試験情報】
 試験名 : {試験名}
 提出期限 : {提出期限}

※本メールは自動送信されていますので返信はご遠慮ください。

 ------------------------------
 track運営事務局
 https://tracks.run/

配信方法設定

メールでの配信か、IDでの配信かをお選びいただけます。
受験者の個人のメールアドレスを利用せずに試験を実施する場合、
任意のIDを利用して試験の案内ができます。
詳しい手順につきましてはこちらの記事を御参照ください。

URL配信設定

trackシステムの外部のツールから、メール等にて受検案内をされる場合、試験専用の共有URLを発行し、受験者に受験を案内することができます。

・公開期間とは?
受験者がURLにアクセスと、試験を開始して受験できる期間のことです。

・制限時間とは?
試験を公開している期間内に、受験者が試験を開始してから提出するまでの解答時間の制限をすることができる時間です。これにより、�受験者の開始したタイミングに関わらず、一意の期間内に受験をしてもらうことができます。

・公開期間をすぎる場合(例)

・公開期間:2018-10-1 23:59 ~ 2018-10-10 23:59
・制限時間:3日
・受験者の試験開始日:2018-10-10 22:00

例えば、上記のようなケースで
試験の制限時間よりも、公開期間の終了日時が先に訪れる場合、試験の提出期限は、

2018-10-10 23:59(終了日時と同様)

となります。

回答が見つかりましたか?