trackのコーディング問題では用意されたテストケースに従ってユニットテストが行われております。
特定のテストケースにてテストがしたい時や、ご自身でテストデータを用意してテストをしたい時に便利なデバッグ機能をご紹介します。

1. 画面右下の歯車ボタンを押下する
2. テストケースをプルダウンから選択する
3. 「実行」ボタンを押下する

プルダウン下部のテストデータは自由に変更することができます。試したいデータに変更してテストを実行してください。

<補足>
・左側にある「テストを実行」ボタンを押下すると全てのテストケースのログが流れます。一括でテストをしたい時はこちらを使用してください。

・デバッグ機能を用いてテストをした時も全てのテストケースによる採点とコードの保存は実施されますのでご安心ください。

・デバッグ機能を用いてテストを実施した場合は「コンソール」タブにて結果をご確認いただけます。(テスト実行ログの見方はこちら

・一部の問題ではデバッグ機能が表示されないものがあります。こちらは随時実装していく予定です。

回答が見つかりましたか?