実装・アルゴリズム問題(以下、コーディング問題)の解答の全体像について説明します。
全体像については次の通りです。

  1. 問題の開始
  2. 問題の解答
  3. 解答の提出


この記事ではWebブラウザを用いた解答方法について説明します。CLIを用いたローカル環境での受験を希望する場合、CLI受験の流れを確認してください。

1. 問題の開始

問題一覧から「解答する」ボタンをクリックします。

開始前の注意事項を確認します。

「ブラウザ」で受験するをクリックします。

Tip 👍
この選択項目はCLI受験対応問題の場合のみ表示されます。

Tip 👍
問題の種類によっては解答言語を選択することができます。一度選択した解答言語は解答途中にも変更が可能です。

「開始する」ボタンをクリックします。

2. 問題の解答

コーディング画面の説明

コーディング画面は次のような構成をしています。

  1. ヘッダー
  2. ファイルツリー
  3. 問題文エリア
  4. コーディングエリア
  5. コンソール

ヘッダー
残り時間や「解答を提出する」ボタン、設定メニューがあります。

ファイルツリー
ボタンをクリックするとファイルツリーが表示されます。

ファイルツリーには、問題に含まれる全てのファイルを閲覧することができます。また、任意のファイルの追加・削除が可能です。

👆Note
読み取り専用ファイルは削除できません。

問題文エリア
問題文が表示されます。

コーディングエリア
ここに解答を作成します。

ターミナル
「テストを実行」「実行」ボタンと結果が表示されます。

解答の入力とテストの実行

問題文エリアに表示された問題に従い、解答をコーディングエリアに記入します。

画面下の「テストを実行」ボタンをクリックして、解答内容が正しいかどうか確認することができます。

👆Note
trackでは「テストを実行」した解答を保存します。そのため、何かコードを変更した後は、テスト実行を忘れずに行ってください。
また保存された解答の中で、最も高いスコアを獲得した解答を最終的に評価します。

Tip 👍
解答が正しい場合はテストを実行した後にスコアが加算されます。

Tip 👍
テスト結果タブの任意の行をクリックすることで、コンソールの所定の場所にジャンプすることができます。

Tip 👍
コードをデバックする場合は画面下の「実行」ボタンでコードの実行が可能です。
詳細は
コーディング問題におけるデバッグ機能の使い方を確認してください。

3. 解答の提出

画面右上の「解答を提出する」ボタンをクリックします。

現在のスコアを確認し、「解答を提出する」ボタンをクリックします。

解答の提出後は自身の書いたコードについて、工夫した点などをアピールすることができます。

以上でコーディング問題の解答が終わりました。お疲れ様でした!

回答が見つかりましたか?