受験者が提出したコードを自由に編集をし、テストの実行をすることができる機能のご紹介です。
「どこを間違えているのかを確認したい」「面接の際にデバッグをさせたい」といった際にご利用いただける機能になります。

受験結果画面の「Viewerで開く」からコーディング問題のプレビュー画面を開くことができます。
受験者から最終的に提出されたコードが表示されており、自由に編集をしテストの実行をすることができます。

※プレビュー画面で編集したコードは保存されません

回答が見つかりましたか?