試験を作成する手順

  1. 「試験」> 「+試験の作成」ボタンをクリック
  2. 試験名を入力
  3. 職種名を選択
  4. 就業年数を入力
  5. 詳細説明を入力
  6. 画面右上の「次へ」をクリック

試験名・詳細説明の入力(※受験者に表示)

試験を作成するには、まずはじめに、試験名と詳細説明を入力します。
こちらの入力内容は、受験者が配信された試験を開いた際に、試験を開始する前に表示される説明ページです。

▼受験者に表示される画面▼

職種名・就業年数の入力(※受験者には非表示)

試験を出題する対象者の属性を選択します。こちらは受験者には表示されませんが、他社比較用のレポートの項目としてご活用いただくことができます。

試験詳細の書き方

試験詳細は、マークダウン書式を用いて、段落的に説明を書き加えることができます。
以下のサンプル試験のテキストをご参考ください。

track株式会社の新入社員向けのプログラミング試験です。

## 概要
このテストは、開発コースの新入社員向けの試験です。
各問をよく読み、制限時間内に回答をしてください。

## 回答方法
このテストは、プログラミングの問題になります。エディタを使って直接コーディングをしていただくか、CLIを活用して受験をしてください。

## 問題の構成
必ずしも1問目から解いていただく必要はありません。解ける問題から回答してください。
- Gitの問題
- コーディング問題

## 諸注意
- 各問題を選んで回答後、問題画面右上の「解答を提出する」をクリックしてください。
- すべての問題の回答が終わり、「試験を提出する」をクリックすると提出完了になります。

※ インターネットや文献などは参考にしてご回答いただいて 問題ありません 。
※ テストの内容は口外されないよう、お願いいたします。


「STEP2. 問題の選定(試験作成)」はこちら

回答が見つかりましたか?