試験の詳細設定では、企業様の試験の配信方法や管理方法に応じた細かな設定をすることができます。

◾️試験詳細設定の手順

  1. 「設定」を選ぶ

  2. 試験の言語、ゲスト共有機能、メール通知を選択・設定する

  3. 必要に応じてURL配信・ID配信(※)の設定をする

  4. 必要に応じて外部システム連携の配信を許可にチェックを入れる

  5. 受験者向け受験後の次のプロセス (任意)を記入する

※ID配信を利用する場合は有償オプションのお申し込みが必要です。

お申し込みがない場合、設定画面上に表示されません。

◾️各設定項目について

試験の言語

試験の言語とは、受験者に配信される受験案内やリマインドメールのテンプレートの言語です。日本語・英語が選択可能です。

ゲスト共有機能

ゲスト共有機能にチェックを入れると、受験者ごとの解答詳細結果をURLで外部に簡単にシェアすることができます。

(受験者のメールアドレスや氏名、エントリーフォームへの登録内容等の個人情報は非表示の状態で共有されます。)

共有用のURLは、各受験者の解答詳細結果ページの上部、もしくはCSVダウンロードで取得することができます。
trackのアカウントを持たない社内のエンジニアの方、面談同席をされる方等への解答結果のシェアにぜひご活用ください。

▼解答詳細ページに表示されるURL▼

メール通知設定

メール通知設定にチェックを入れると、試験の提出締切の「7日前」「3日前」「24時間前」に、リマインドのメールが自動で送られます。

▼リマインドされるメールの内容▼

タイトル

【残り1日】testの提出期限が迫っています

本文

先日配信された試験、 {試験名} の提出期限まで【残り 1日】になりました。

以下のURLから受験を完了してください。
{試験URL}

【試験情報】
 試験名 : {試験名}
 提出期限 : {提出期限}

※本メールは自動送信されていますので返信はご遠慮ください。

 ------------------------------
 track運営事務局
 https://tracks.run/

配信方法設定

ID配信(※有償オプション)をお申し込みの場合、メール配信かID配信かをお選びいただけます。
ID配信の詳しい手順につきましてはこちらの記事をご参照ください。

URL配信設定

URL配信は、試験配信用の固定URLを使って多数の受験者に試験案内を行うことができる配信方法です。URL配信にチェックを入れると、URL配信をする場合の公開期間および締め切りを設定することができます。

・公開期間とは?
受験者が配信用の固定URLにアクセスし、受験受付ができる期間のことです。

・締め切りとは?
受験者が試験を開始したタイミングから、試験の提出締め切りまでの日数を指定することができます。受験者の受験受付のタイミングが異なるURL配信において、一意の期間内に受験をしてもらうことができます。

※ただし、公開期間の終了日時が先に訪れる場合、試験の提出期限は公開期間の終了日が優先されます。


◾️試験の新規作成方法の一覧

【新規作成】STEP1. 概要設定

【新規作成】STEP2. 問題セット(出題方法)の設定

【新規作成】STEP3. 問題の選定

【新規作成】STEP4. 問題の詳細設定

【新規作成】STEP5. エントリーフォームの設定

【新規作成】STEP6. レビュワーの設定

【新規作成】STEP7. 詳細項目の設定

回答が見つかりましたか?